2014年 01月 12日

January 9, 2014

http://www.sciencedaily.net/releases/2014/01/140109175449.htm

Research demonstrates 'guided missile' strategy to kill hidden HIV
隠れたHIVを殺菌する『誘導ミサイル』戦略を研究は証明する

University of North Carolina School of Medicine
ノースカロライナ医学部大学





免疫系をヒト細胞の構成されるマウス・モデルを使用して、研究者は、細菌毒素と結合される抗体がHIV感染細胞を透過して、標準抗レトロウイルス療法(別名ART)には効果がなかった場合であっても、彼らを殺すことができるとわかった。



HIVの人々では、ARTは、検出不可能なレベルに体でウイルスの量を減らすことができる救命処理である。

しかし、処理が止められるとすぐに、ウイルスは再び複製し始める。



3つの薬を強い濃度を使用するにもかかわらず、研究者はウイルスが首尾よく彼らが分析したすべての組織 (骨髄、脾臓、肝臓、肺と腸を含む) で免疫細胞で生き残ることができるとわかった。


それから、国立Allergy Infectious Diseases(アメリカ国立衛生研究所の一部)研究所の、共著者エドワード・ベルガー博士とアイラPastan博士によって開発された化合物を使用した。

化合物は、PE38と呼ばれている細菌毒素と結合される3B3と呼ばれている抗体である。

研究者は、抗体がまず感染細胞の表面で特異的HIVタンパク質を表している細胞を認識すると仮定した。

抗体はタンパク質に付着して、毒素を入らせて、感染細胞を殺す。


本研究は、標準的治療が効かない隠れたHIV感染細胞を攻撃して、殺すことができることを示す。」






<コメント>
ARTの効果が低い患者に対する補助的な治療ですね。
完全に潜伏しているウイルスに対しては効かないので、完治するというものではないようです。

[PR]

by dzny2 | 2014-01-12 20:55 | 医学


<< January 10, 2014      Jan. 8, 2014 >>