機械翻訳1

fface.exblog.jp
ブログトップ
2014年 01月 13日

January 10, 2014

http://www.sciencedaily.net/releases/2014/01/140110223056.htm

Autophagy predicts which cancer cells live, die when faced with anti-cancer drugs
オートファジーは、抗癌剤に直面するときどの癌細胞が生き残り、死ぬかを予測する


University of Colorado Denver
Colorado Denver大学

きる傾向がある。

根本的な疑問は、細胞Bが生きるのに対して、なぜ細胞Aは死亡するのか? である。

「我々が示すのは、差が進行しているオートファジーの量のランダムな変動による場合があるということである」、Andrew Thorburn 博士(CU Cancer Centerの部次長)は言う。




抗癌剤に直面するとき、低いオートファジーによる癌細胞が高い死亡率を持つことは、論理的なようである。

しかし本研究は、細胞死の率が、オートファジーのレベルと抗癌剤の特定の機序によって増減する可能性があることを示す。




「我々は低いおよび高いオートファジーで癌細胞を集団に分けて、そして、2つの薬でそれらを治療した。
その両方とも細胞死を起動させるものだ。

興味深いことに、第1の薬を用いた治療を受けるとき、高いオートファジーの細胞は最高死亡率を持った。

だが、第2の薬を用いた治療を受けるとき、低いオートファジーの細胞は最高死亡率を持った。

薬剤によって、オートファジーの効果は、反対だった」、Thorburnは言う。




<コメント>
長いので省略しますが、抗癌剤の機序によって、オートファジーの影響に差があるという内容です。
アポトーシスを誘導させるFasリガンドを使う場合、Fasリガンドを弱めるFAP-1というタンパク質をオートファジーしてしまう癌細胞はFasリガンドに感受性が強くなります。
逆に、オートファジーが弱い癌細胞には効きにくくなります。

そしてTRAILアゴニストの場合はオートファジーが低い癌細胞の方が効きやすいということで、オートファジーによって影響を受けやすい経路とそうでない経路が存在するようです。

[PR]

by dzny2 | 2014-01-13 11:33 | 医学


<< January 10, 2014      January 9, 2014 >>