機械翻訳1

fface.exblog.jp
ブログトップ
2014年 01月 14日

January 10, 2014

http://www.sciencedaily.net/releases/2014/01/140110113540.htm

Mechanism of genetic mutations known to cause familial Alzheimer's disease uncovered
家族性アルツハイマー病を起こすことが知られている遺伝突然変異の機序が明らかにされる



ルツハイマー病(家族性アルツハイマー型痴呆)(ごくわずかなAlzheimerの集団に影響を及ぼす疾患の遺伝異型)の発症で、1つの謎を解決した。

1月6日にNature Communications誌オンラインで発表される論文において、Wangと彼のチームは、家族性アルツハイマー型痴呆を生じると知られる2つの遺伝突然変異 ― V44MとV44A ― の跡を追求して、長く疾患との関連がある生化学変化に突然変異がどのようにつながるかについて示す。

家族性アルツハイマー型痴呆の特質は、脳内の異常に高い濃度のAmyloid Beta 42ペプチド(アミノ酸の短鎖)の蓄積である。

どのように、突然変異はこの増加した比率につながるか?」



多段階のプロセスで、酵素はAPPにいくつかの切断をする。そして、切断の位置は、結果として生じるAPPの断片がAβ42またはAβ40になるかどうかを決める。

酵素(γ-セクレターゼ)がAPP内のThreonine 48(T48)と呼ばれるアミノ酸で最初のカットをする場合は残りのカットはAβ42になるが、第1のカットがアミノ酸Leucine 49でなされる場合、プロセスはAβ40に帰着する。



Wangのチームは溶液核磁気共鳴スペクトル測定法を使用して2つの遺伝突然変異に影響を受ける三次元構造とAPPの膜内外部分の力学を研究し、突然変異がT48アミノ酸に重大な変化を引き起こすということを発見した。

その変化は、γ-セクレターゼがT48での切断を好んでAβ42の産生に至らせ、FADを有する患者の脳で見られるAβ42の濃度上昇の可能性を上げる。



<コメント>
家族性アルツハイマー病の機序が明らかにされたようです。
孤発性アルツハイマーでも、Aβ42の蓄積がやはり重要なのかもしれません。

[PR]

by dzny2 | 2014-01-14 11:31 | 医学


<< January 9, 2014      January 10, 2014 >>