機械翻訳1

fface.exblog.jp
ブログトップ
2014年 01月 15日

January 14, 2014

http://www.sciencedaily.net/releases/2014/01/140114090822.htm

How fiber prevents diabetes, obesity

線維は、どのように糖尿病と肥満を予防するか




科学者は線維の豊富な食事が微生物を肥満と糖尿病から保護するということを過去20年の間知っていたが、関係する機序は避けられてきた。


CNRS、Inserm、そしてUniversite Claude Bernard Lyon 1(ユニットInserm 855「栄養 と 大脳 (Cerveau)」)からの研究者を含むフランス・スウェーデン・チームは、この機序を説明することに成功した。
そして、それには腸の腸内フローラと、食間にブドウ糖を産生する能力が関与する。




大部分の甘い果物と、西洋牛蒡、キャベツまたは豆のような多くの野菜は、いわゆる発酵性の線維が豊富である。


そのような線維は腸によって直接消化されることができなくて、その代わりに短鎖脂肪酸(例えばプロピオン酸塩と酪酸塩)に腸内細菌によって発酵する。
そして、それは我々の体によって実際に吸収されることができる。


腸は、糖質を合成して、食間に、そして、夜に血流量にそれをリリースすることが実際にできる。



Glucoseは、特定の特性を持つ:

それは門脈(それは、腸から来ている血液を採取する)の壁で、神経によって検出される。
そして、それは次に脳に神経信号を送る。


応答して、脳は糖尿病と肥満に対してある範囲の防護的効果を起こす:


飢餓感は弱まる、安静時のエネルギー消費は強化される、そして、最後だがおろそかにできないのは、肝臓のブドウ糖の産生はより少なくなる。



脂肪と糖質の豊富な食事を与えられるが、食物線維を補われたマウスは、対照マウスより肥満しているようにならなくて、著しく増加したインシュリン感度のおかげで糖尿病の発症からも保護されていた。



従ってそれは、微生物に対して発酵性線維のポジティブな効果の後にあるのは、プロピオン酸塩と酪酸塩からの腸によるブドウ糖の産生である。


以前は未知のこの機序は別として、本研究は、ブドウ糖を産生するために、食事性線維を発酵させることによって、腸に前駆体を供給する腸内フローラの役割に光を投げ掛ける。



<コメント>
食物繊維が腸内細菌によって短鎖脂肪酸へと変換されて、そこからブドウ糖が作られて信号が門脈から脳に伝わり、食欲が低下して、肝臓ではブドウ糖が作られなくなる、という相互作用が発見されたという記事です。
肉ばかり食べるのが糖尿病リスクになる説明にもなりますし、飲みやすく濾過された野菜ジュースを飲んでも効果が薄いということにもなるでしょう。

もちろんこれは、短鎖脂肪酸を作ることができる腸内細菌がいない人には当てはまらないでしょう。

ついでにCellの方のSummaryも訳しておきます。


http://www.cell.com/abstract/S0092-8674(13)01550-X?script=true

可溶性食事性線維は体重とグルコース制御に対する代謝的な利益を進める、しかし、根底にある機構はよく分かっていない。

最近の証拠は、腸糖新生(IGN)がブドウ糖とエネルギー・ホメオスタシスの上で薬効を持つことを示す。

ここで、我々は、短鎖脂肪酸(SCFAs)プロピオン酸塩と酪酸塩(それは腸微生物相によって水溶性食物線維の発酵によって発生する)が補完的な機序でIGNを活性化することを示す。

プロピオン酸塩(それ自体IGNの基質)が脂肪酸受容体FFAR3が関与している腸-脳神経回路を経てIGN遺伝子発現を活性化する一方、

酪酸塩はcAMP依存的な機序を通してIGN遺伝子発現を活性化する。


[PR]

by dzny2 | 2014-01-15 17:33 | 医学


<< January 16, 2014      January 12, 2014 >>