2014年 01月 19日

January 16, 2014

http://www.sciencedaily.net/releases/2014/01/140116113510.htm


Findings bolster fiber's role in colon health

知見は、結腸の健康での線維の役割を強める



この発見は、高繊維食がなぜ結腸の問題のリスクを低下させるか説明するのを助けて、線維が不足しているとき、ナイアシンまたはビタミンB3がただ同様に結腸を健康に保つのを助けるかもしれないことを示す。

本研究で、受容体(Gpr109a)がなくなっているマウスが結腸の炎症と癌の傾向があることが明らかになった。

そして、彼らが健康な結腸細菌が抗生物質によって一掃 ― 慢性の抗生物質使用で頻発する ― されたマウスにナイアシンを与えたとき、それは安全な、抗炎症性モードへ免疫細胞の結腸に向きをかえるのを助けた。


結腸の良好な細菌は線維で繁栄する、そして、その消化は酪酸塩(短鎖脂肪酸)を生じる、そしてそれは、数年前にGanapathyはGpr109aを自然に活性化すると発見した。


しかしながら、この関係は結腸に限られて現れる。ここで、酪酸塩レベルは高繊維食に直面して急増することができる。


GlaxoSmithKlineの研究チームとHeidelberg, Germany大学は脂肪細胞の表面の上のGpr109a受容体がナイアシン(善玉コレステロールまたはHDLを増加させることを含む)の保護心血管効果を媒介することを2003年に示した、その一方で、疾患産生性LDLのレベルを低下させた。


他の活性薬確認された酪酸塩のそれらの検索、Ganapathyにそれを見つけさせたそうであるだけであるGpr109a受容体が、結腸の表面で、細胞を表した、しかし、充分な線維の摂取量で、結腸の酪酸塩レベルが、それを活性化することができる。

今は、酪酸塩による結腸のGpr109aの活性化が免疫細胞(それはその領域に十分な供給である)に炎症、潰瘍性大腸炎のような多くの痛みを伴う条件における要因、クローン病と結腸直腸癌を促進するよりはむしろ、それを抑制させることを、彼とSinghは示した。

一旦酪酸塩が結腸で樹状細胞とマクロファージの上でGpr109a受容体を活性化するならば、これらの免疫細胞は抗炎症性分子を産生して、T細胞(免疫のキー管弦楽作曲家)にメッセージを送り始める。そして、同じようにする。Singhが言う。


酪酸塩はサイトカインを産生するために結腸の内側を覆う上皮細胞をも促す。そして、それは創傷治ゆ(潰瘍性大腸炎とCrohnのものに起こる腸炎症を分解するきわめて重大な処置)を補助する。


「ナイアシンの大量投与が家族性腺腫性ポリポーシスまたはFAP(胃腸管の全体を通じて発達させるポリープを生じる遺伝状態)と同様に潰瘍性大腸炎、クローン病と結腸直腸癌の治療および/または予防に役立つかもしれないと、我々は思う」、Singhは言った。


実際に、彼らは、FAPでマウスでポリープの発達を線維の枯渇が増加させ、メガ・ナイアシン用量が減少させることをすでに示した。




<コメント>
食物繊維→酪酸塩→GPR109a/HM74a→(結腸 DC,Mφ)抗炎症性分子の産生↑
そしてGPR109aはナイアシンでも作動する、という研究です。

ナイアシンは、HM47aを介してPLA2に作用することでホットフラッシュを起こすことでも知られていますね。


[PR]

by dzny2 | 2014-01-19 23:01 | 医学


<< January 19, 2014      January 14, 2014 >>