2014年 01月 22日

January 19, 2014

http://www.sciencedaily.net/releases/2014/01/140119142456.htm

Mechanism identified in Alzheimer's-related memory loss
Alzheimer病に関する記憶喪失で同定された機序


タンパク質 ― Neuroligin-1(NLGN1) ― は、記憶形態で関与されると知られている;


アルツハイマー病において、アミロイド・ベータ・タンパク質はAlzheimerの患者の脳にたまって、炎症を誘発する。


この炎症は脳でシナプスの機能化を中断する特定の遺伝子調節につながる。そして、記憶喪失に至る。


動物モデルを使用して、Cleveland Clinic研究者はこの神経炎症性のプロセスの間に、記憶を発達させて維持する原因となるNLGN1の後成的な調節が脳でシナプス・ネットワークを破綻させるということを発見した。




研究者のこの群からの先行研究はMDA7と呼ばれている新規化合物も特定した。そして、それはNLGN1の調節につながる神経炎症性のプロセスを止めることができるかもしれない。


Cleveland Clinicは、近い将来、化合物のこの種類の安全性の上でPhase I人体研究を開始する予定である。



<コメント>
神経を発達させるNLGN1はAβによって起きる炎症で阻害されるが、それはMDA7という化合物で止めることができるかもしれない、という研究です。
近くフェーズIが開始されるかもしれないということで期待できそうです。

[PR]

by dzny2 | 2014-01-22 10:23 | 医学


<< January 17, 2014      January 16, 2014 >>