タグ:癌 ( 2 ) タグの人気記事


2014年 01月 13日

January 10, 2014

http://www.sciencedaily.net/releases/2014/01/140110223056.htm

Autophagy predicts which cancer cells live, die when faced with anti-cancer drugs
オートファジーは、抗癌剤に直面するときどの癌細胞が生き残り、死ぬかを予測する


University of Colorado Denver
Colorado Denver大学

きる傾向がある。

根本的な疑問は、細胞Bが生きるのに対して、なぜ細胞Aは死亡するのか? である。

「我々が示すのは、差が進行しているオートファジーの量のランダムな変動による場合があるということである」、Andrew Thorburn 博士(CU Cancer Centerの部次長)は言う。




抗癌剤に直面するとき、低いオートファジーによる癌細胞が高い死亡率を持つことは、論理的なようである。

しかし本研究は、細胞死の率が、オートファジーのレベルと抗癌剤の特定の機序によって増減する可能性があることを示す。




「我々は低いおよび高いオートファジーで癌細胞を集団に分けて、そして、2つの薬でそれらを治療した。
その両方とも細胞死を起動させるものだ。

興味深いことに、第1の薬を用いた治療を受けるとき、高いオートファジーの細胞は最高死亡率を持った。

だが、第2の薬を用いた治療を受けるとき、低いオートファジーの細胞は最高死亡率を持った。

薬剤によって、オートファジーの効果は、反対だった」、Thorburnは言う。




<コメント>
長いので省略しますが、抗癌剤の機序によって、オートファジーの影響に差があるという内容です。
アポトーシスを誘導させるFasリガンドを使う場合、Fasリガンドを弱めるFAP-1というタンパク質をオートファジーしてしまう癌細胞はFasリガンドに感受性が強くなります。
逆に、オートファジーが弱い癌細胞には効きにくくなります。

そしてTRAILアゴニストの場合はオートファジーが低い癌細胞の方が効きやすいということで、オートファジーによって影響を受けやすい経路とそうでない経路が存在するようです。

[PR]

by dzny2 | 2014-01-13 11:33 | 医学
2014年 01月 11日

Jan. 9, 2014

http://www.sciencedaily.com/releases/2014/01/140109175551.htm

Epigenetics:
後成的発現:

New Link Between Nutrition, Cancer
栄養と癌の新しい関連




研究者は、食事には後成説機序を通して遺伝子発現にあることができる潜在的影響を調査する。

栄養補給の後成説機序への影響を説明することは、癌の個人の罹病性を予測するのを助ける可能性があるか、食事推奨量を提供する可能性があるか、癌と戦うために、天然化合物の治療的な使用を提供する可能性がある。



後成説変異は、実際のDNAの塩基配列に変化を必要としない遺伝子発現の遺伝性および潜在的に可逆性変化である。

これらの変異を利用することによって、研究者は、環境信号を媒介して、癌のために感受性遺伝子と環境因子の関連を提供することができると考えている。





<コメント>
これだけだと何のことだかわかりませんね。
記事には具体的なことは何も書かれていません。

ニュースの引用元の論文も少しだけ訳してみます。



Abstract
要旨

Emerging studies suggest that dietary components can affect gene expression through epigenetic mechanisms.
新生の研究は、食事成分が後成説機序を通して遺伝子発現に影響を及ぼすことができることを示唆する。



INTRODUCTION
導入

cabbage, and broccoli), diallyl sulfide (an organosulphur compound from garlic), isoflavone, phytosterole, folate, selenium, vitamin E, flavonoids and dietary fibers, may reduce the risk of cancer.
アブラナ科の野菜(カリフラワー、キャベツとブロッコリー)(硫化アリル(ニンニクからの有機硫黄化合物)、イソフラボン、phytosterole、葉酸塩、セレン、ビタミンE、フラボノイドと食事性線維)からのイソチオシアネートは、癌のリスクを低下させる可能性がある。

Emerging evidence suggests that the protective effects can be mediated through epigenetic mechanisms.
新生の証拠は示唆する ― 防護効果が後成説機序を通して媒介されることができることを。

Epigenetic modifications are heritable changes in gene expression that do not require changes in the DNA sequence (1
後成説変異は、{ DNAの塩基配列の変化を必要としない} 遺伝子発現の遺伝性の変化である(1



<コメント>
以下、ひたすら論証が続きます。
内容はとても興味深いのですが、このブログで全ての訳文を載せるのは無理なので、興味ある方は読んでみてください。
図もあるのでわかりやすいと思います。

[PR]

by dzny2 | 2014-01-11 23:16 | 医学