機械翻訳1

fface.exblog.jp
ブログトップ

タグ:過敏性腸症候群 ( 1 ) タグの人気記事


2014年 01月 14日

January 9, 2014

http://www.sciencedaily.net/releases/2014/01/140109091932.htm

New imaging technique signals breakthrough in treatment of IBS
新しい映像技術は、IBSの治療での進展を示す


Nottingham大学の科学者は、過敏性腸症候群(IBS)(患者に深刻な不便と不快感を引き起こす状態)の治療と診断を支援するためにMRI技術を利用して世界をリードしている。


以前、医師は結腸を見るためにX線像に頼った。そして、それは放射線と関連したリスクのため限界を持つ。


選択肢としてMRIを用いて、研究者は患者にリスクなしで連続的に腸をイメージすることが可能になっている。
そして、彼らが腸の内側の働きについてより多くを学ぶことを可能にした。




「我々は、フルクトースが吸収するのが困難であるということをすでに知っているが、この新しい方法による新規性は、小腸の拡張と結腸であるこの吸収不良の最終的な影響を画像化することが現在は可能である。


フルクタンとフルクトースはFODMAP (発酵可能なオリゴ糖、二糖類、単糖、多価アルコール) と呼ばれている一群の化学薬品の一部である。
その特性は吸収するのが比較的難しいが、発酵性であり、結腸に受けるとき、彼らは細菌にさらされて、ガスを産生する。

Spiller教授は続ける:


「これらの取入れを制限する食事が症状を改善することを分かった、そして、我々のMRI調査は科学的に、その改善がなぜ起こるかもしれないかについて、我々に示す。


我々は、フルクトース単独が吸収性が低くて、小腸を膨張させた一方で、それがブドウ糖と結合されたとき、劣った吸収が妨げられたことを示すことが可能だった。



青いリンゴのフルクトースは吸収されにくいが、それが熟するにつれて、ブドウ糖の内容量は増えてフルクトース吸収を改善する。そして、吸収速度を改善する。」


<コメント>
乳糖不耐症は知ってましたが、果糖不耐症というのもあるんですね。
彼らのMRIでの研究は3種類あって、ここでは3つ目だけを訳しています。

[PR]

by dzny2 | 2014-01-14 23:15 | 医学